温泉での湯あたりとは

温泉は浸かることでリラックスさせて疲れを取る以外にもその温泉ごとの含まれる成分によって体に良い効果をもたらすものです。
入るには温泉を提供している場所に行くしかないため宿場等の温泉を提供している人間でない限り毎日入ることはできませんが、1回入るだけでもその効果を期待することはできます。

しかし温泉は必ずしも良いことばかりを人間にもたらしてくれるものではありません。
温泉は湯の温度が25度以上か特定の成分が1つでも規定値に達しているかのどちらかを満たしていなければ名乗ることはできず、25度という条件から必然的に熱い湯になることが多いのです。
熱い湯は体を温めてくれますが、一方で体に熱さが必要以上に伝わって体調を崩してしまう恐れもあります。

温泉での熱さによる支障の代表格が湯あたりと呼ばれるものです。
温泉は一般の風呂とは含まれる成分が違い、その成分が反応してしまって体調を崩すことを指します。
湯あたりすると熱が出るだけでなく下痢や嘔吐といった症状も起こってしまいます。
勘違いしないでおきたいのが温泉に長時間浸かることで起こるものではなく、熱い湯に長時間入りすぎて起こるのは湯疲れであり、こちらは温泉に限った話ではなく一般の家庭の入浴でも起きることです。
体調をよくするのではなく逆に体調を崩してしまっては勿体無いことです。
では湯あたりをしないようにするためにはどのような点に気をつけて入ればよいのでしょうか。



▼注目サイト
温泉で有名な箱根にスイート一泊二食付五百円から体験宿泊できるサイトです … 箱根 温泉

Copyright © 2014 温泉で湯あたりをしないためには All Rights Reserved.